スキー上達を望むスキーヤーへ

スキー上達を望むスキーヤーへ

SIA公式スキーメソッド講座01

こんにちは、プロスキーインストラクターの小川俊明です。


この度、新企画としてSIA公式スキーメソッドを教科書に
スキー技術向上のための動画講座をスタートすることにしました!


第1回目は概要編としまして、なぜこの形で公開するか?という部分をまとめました。


事前にSIAに打診したところ、書籍の内容(写真)を載せなければOKという返答を頂いたので
具体的な写真の紹介はできませんが、+αとしてご確認いただければ幸いです。


今回、SIA公式スキーメソッドを教科書として使用した理由は大きく3つあります。

1.スキー上達のための基礎的な内容をカバーしているから

2.スキー上達における不変的な要素が土台としてあるから

3.誤解の無い表現がされている

この書籍は元々スキーインストラクター用の教本として公開されているものですが、
理論武装をすることによって、スキー上達を早めることができます。


動画では「○○ページのこの部分は〜」と解説していきますので、
興味を持っていただきましたら、是非ゲットしてみてください!


今回私がこの講座を始めるキッカケについても少しお話しておきます。


1つ目は「中高年のスキーヤーがどのようなスキーを行うべきか?」をずっと研究し続けてきたからです。
私自身もケガに苦しまされてきたこともありますし、生徒さんの年齢も年々上がってきています。

毎年、肉体的なパフォーマンスは下がっていく一方でスキー技術は上達させたいものです。
そのためにはどのようにスキーに取り組むか?を真剣に考える必要があります。

今回の講座を通じて、私のスキー理論もお伝えしたいと考えています。


2つ目は「スキー上達のノウハウを求められた」ということが挙げられます。
情報発信をしていく中で具体的なノウハウを求められることが多くなってきました。

残念ながら、インターネット上に具体的なスキー上達ノウハウはあまりありません。

考えてみれば仕方のないことですが、
人によって大きく変わる部分なので一概に言えない部分もあるからです。

とは言え、私の理論ではスキー上達には共通項があります。
それは「基礎」を大切にすることです。

不変的な要素は間違いなくあると考えていますので、その部分を広く発信していきます。


3つ目は「スキーをより楽しんでもらうため」です。
当たり前の話ではありますが、スキーを楽しむために「上達」という要素は欠かせません。

上達を実感するからこそ、楽しいですよね!

私が職業として選んだ「スキー」というスポーツの楽しさを
もっと広くお伝えしていきたいと本気で考えております。


そのあたりの話を改めてまとめてみましたので、是非ご覧ください!





SIA公式スキーメソッドのAmazonのリンクはコチラになります。

SIA公式スキーメソッド



最新情報はメルマガやFacebookページで随時更新していきますので
合わせてチェックしてみてください!

メルマガ ⇒  http://team-ogawa.com/c/swtj

Facebookページ ⇒ http://team-ogawa.com/c/facebook


ご意見・ご感想はコチラのフォームよりご連絡ください!

⇒ http://team-ogawa.com/c/duz1

お勧めのスキーワックス

ハイパーズームペースト

SIA公式スキーメソッド講座01関連ページ

SIA公式スキーメソッド講座02
SIA公式スキーメソッドを教科書としてスキー上達のノウハウをレクチャーします。今回はスキー用具の選び方についてお話しました。
SIA公式スキーメソッド講座03
SIA公式スキーメソッドを教科書としてスキー上達のノウハウをレクチャーします。今回は「ターンの質」を向上させる大切な3要素について解説しています。
SIA公式スキーメソッド講座04
SIA公式スキーメソッドを教科書としてスキー上達のノウハウをレクチャーします。今回からスキーの「良い位置に乗る」ということを解説していきます。
SIA公式スキーメソッド講座05
SIA公式スキーメソッドを教科書としてスキー上達のノウハウをレクチャーします。今回からスキーの「良い位置に乗る」ということを解説していきます。
SIA公式スキーメソッド講座06
SIA公式スキーメソッドを教科書としてスキー上達のノウハウをレクチャーします。今回からスキーの「良い位置に乗る」ということを解説していきます。
【最終回】SIA公式スキーメソッド講座07
SIA公式スキーメソッドを教科書としてスキー上達のノウハウをレクチャーします。今回からスキーの「良い位置に乗る」ということを解説していきます。

このページの先頭へ戻る