スキー上達を望むスキーヤーへ

スキー上達を望むスキーヤーへ

【最終回】SIA公式スキーメソッド講座07〜まとめ〜

こんにちは、プロスキーインストラクターの小川俊明です。


第1回から第6回まで「基礎」に重点を置いて
スキー上達のためのノウハウを公開してきましたが
今回がSIA公式スキーメソッド講座の最終回となります。


最終回ということで、今まで話してきた内容をまとめるとともに
スキー上達のための基礎をお話しました。


何度も繰り返して話をしてしまうのですが、
やはりスキー上達の鍵は、間違いなく「基礎」です。


何か新しい技術を身に付けようとした時に重要なことは
もう一度「基礎」に立ち返ることです。


知識として知った事、身に付けたことを
改めて見返す人はあまりいないのですが、

忘れた頃に見返してみると、
初めて読んだ時とは違ったことに気づくことがあります。


それは「別の角度から観察できている」ということであり、
スキーが上達している証拠です。


特に「基礎」部分は地味な練習が多く
わざわざ練習する人は本当に少ないのですが、
スキー上達のためのヒントは、「基礎」にあります。


特に重要なのは緩斜面での練習であり、
緩斜面での練習にこそ、得られる物が多いです。


・スキーの選手になりたいわけじゃない。

・スキーインストラクターになりたいわけじゃない。

そう考えている人が大半で、
「楽しくスキーが出来ればそれで良い!」と考えるのが普通ですが、
「楽しければ良い」=「技術が向上しなくても良い」ではありません。


スキー技術が向上することで必然的にスキーは楽しくなるものです。


SIA公式スキーメソッドの書籍の中には
色々なバリエーションバリエーションが載っていますが

実際に練習する際には
1つずつ完成度を求める練習をする必要はありません。


完成度を求めすぎずに、どんどんチャレンジしていただき
「楽しさ」を基準に練習を進めてください。


ある程度の完成度のまま、一通りできるようになってから
もう一度戻って、基礎を併用・反復して
スキー技術の精度を上げていくようにしましょう。



スキー学校を利用している場合は
言われたことを愚直に練習すれば良いですし

自分で練習する場合は、
写真や映像で自分の滑りを確認することをお勧めします。



動画の中では「練習する斜面の選び方」
「プルークからパラレルへのステップアップ方法」なども
公開していますので、是非チェックしてみてください!






SIA公式スキーメソッドのAmazonのリンクはコチラになります。

SIA公式スキーメソッド



ご感想、ご質問を募集しております!


SIA公式スキーメソッド講座をご視聴いただき、
誠にありがとうございます!

講座に関するご意見、ご感想、ご質問などは
コチラのフォームより気軽にお問い合わせください。

⇒ ご感想・ご質問フォーム




最新情報はメルマガやFacebookページで随時更新していきますので
合わせてチェックしてみてください!

メルマガ ⇒  スキー上達を望むスキーヤーへ

Facebookページ ⇒ http://team-ogawa.com/c/facebook

お勧めのスキーワックス

ハイパーズームペースト

【最終回】SIA公式スキーメソッド講座07関連ページ

SIA公式スキーメソッド講座01
SIA公式スキーメソッドを教科書としてスキー上達のノウハウをレクチャーします。是非参考にしてみてください!
SIA公式スキーメソッド講座02
SIA公式スキーメソッドを教科書としてスキー上達のノウハウをレクチャーします。今回はスキー用具の選び方についてお話しました。
SIA公式スキーメソッド講座03
SIA公式スキーメソッドを教科書としてスキー上達のノウハウをレクチャーします。今回は「ターンの質」を向上させる大切な3要素について解説しています。
SIA公式スキーメソッド講座04
SIA公式スキーメソッドを教科書としてスキー上達のノウハウをレクチャーします。今回からスキーの「良い位置に乗る」ということを解説していきます。
SIA公式スキーメソッド講座05
SIA公式スキーメソッドを教科書としてスキー上達のノウハウをレクチャーします。今回からスキーの「良い位置に乗る」ということを解説していきます。
SIA公式スキーメソッド講座06
SIA公式スキーメソッドを教科書としてスキー上達のノウハウをレクチャーします。今回からスキーの「良い位置に乗る」ということを解説していきます。

このページの先頭へ戻る