スキー上達を望むスキーヤーへ

スキー上達を望むスキーヤーへ

お勧めのスキーワックス

ドミネーターワックス

 

ハイパーズームペースト(Amazon)

 

フィニッシュクロス2枚入り(Amazon)

 

フィニッシュクロス1枚入り(Amazon)

 

 

※ハイパーズームペーストはフィニッシュクロスと合わせてお使いください。

 

 

 

こんにちは、プロスキーインストラクターの小川俊明です。

 

かれこれ40年以上、スキーを教えることを仕事にしてきた私ですが
生徒さんから多くいただく質問の1つが「ワックス」についてです。

 

 

私のようにスキーを仕事としている人はもちろん、
選手として活動している人であれば、ワックスの重要性を理解していると思いますが、
あなたはワックスについて、どの程度の認識を持っているでしょうか?

 

 

「塗れば何でもいいんでしょ?」という認識であるのであれば大間違いです。

 

 

実際のところ、雪温や雪質などの外的要因に大きく左右されるワックスですが
あなたが日本でスキーをするのであれば、
これ1つ持っていれば充分!と自信を持って言えるワックスがあります。

 

 

これまでは直接指導していた生徒さんのみにお勧めしていましたが、
このページを通じて「滑るスキーに乗ることで上達が近づく理由」と「お勧めの理由」を解説しますので
ぜひ期待して、最期までご覧ください!

 

 

一般スキーヤーにとって、ワックスは必要なのか?

 

 

ワックスを紹介させていただく前に、1つ知っておいてもらいたいことがあります。
それは「一般スキーヤーにとってのワックスの必要性」です。

 

 

スキー競技者のように、100分の1秒を争う世界であれば
スキーが滑ることの重要性は容易に想像することができますが、

 

週末にスキーを楽しむ、一般スキーヤーにとっても
滑るスキーに乗ることが重要なのか?というのはあなたも疑問に思っているかもしれません。

 

 

結論から申し上げると「絶対に必要」です。

 

 

スキーは上達していくと、足元の操作などの自力で操作していくものから
遠心力などの外力を利用してスキー操作をするようになります。

 

 

外力を利用することで、小さなエネルギーでスキー操作が出来るようになります。

 

 

 

スキー上達のためには、そういった外力を上手く利用しなくてならない。

 

 

というのが私のスキー指導の根本にあるのですが、
そのためには、どうしても滑るスキーに乗る必要性が出てきます。

 

 

 

例えば、1つのターンの中で角付け操作を行った場合、
滑らないスキーではただ単に転倒に繋がる動作となりますが、
滑るスキーでは遠心力を上手く使えるようになります。

 

 

また、難しく考えず、単純にスキーを楽しむという意味でも
滑るスキーに乗ることの重要性はスキーヤーであればわかるはずです。

 

 

 

滑るスキーが良いのはわかるけど、どうすれば良いの?

 

 

あなたが、そう思うのも無理は有りません。
と言うのも、ワックスの世界でも明確な正解というのは出ていないからです。

 

 

正直なところ、きっとそうだろう!という仮説の元に
各メーカーが様々なワックスが開発しているのが現状です。

 

 

私自身、40年間のスキー教師生活の中で様々な試行錯誤をしてきました。

 

 

毎朝3時に起きてワックスを塗り、
毎日の気温と雪温を測定して、その日のワックシングの評価をノートに記録。

 

 

ワックスの種類だけでなく、ストラクチャの種類の研究や
スクレーピングの方法、ブラシなどの小道具についても研究を続けました。

 

 

そんな日々を何十年と続けた結果、ようやくある程度の感覚を習得し
周りのインストラクターと比べれば、ある程度詳しいと自負できるようになりました。

 

 

とは言え、ここまでしても毎回ドンピシャで板を仕上げることは不可能でしたし、
そもそも、滑る・滑らないは体感の話なので
100%状況に合った状態に仕上げられているか?は、正直なところ、わからない話です。

 

 

 

…と、プロのスキー教師である私でも、ここまでやってわからないのですから
一般スキーヤーの方にとっては尚更わからないものだと思います。

 

 

そんなあなたには、ワックスに関して私が選んだ道をコッソリと教えたいと思います。

 

 

それはズバリ、「専門家に任せる」ということです。

 

 

 

個人レベルでのワックス追及の限界

 

 

ある時、私は1人のサービスマンと知り合う機会があり
ワックスをはじめ、各種メンテナンス道具について話す機会がありました。

 

 

道具メンテナンスのプロとして活動している彼の知識やスキル、設備の話を聞いたところ
私の知識・経験の範囲をはるかに超えており、自分自身で出来る範囲を知ってしまいました。

 

 

正直、レベルがあまりにも違っていたわけです。

 

 

私がスキーを教えるプロであるように、彼はスキーメンテナンスのプロであり
何度かメンテナンスをお願いしているうちに
「この人に任せた方が良い。絶対に間違いがない。」と思うようになりました。

 

 

この時から私は、個人でのチューンナップ方法に固執するのではなく
プロのサービスマンから情報を仕入れて実践するようになっていきました。

 

 

そんな関係性が続いてから数シーズン経った時、彼からこんな提案がありました。

 

「とあるワックスメーカーが、
 現場の人間に意見を聞きたいと言うのだけれど、小川を紹介してもいいかな?」

 

断る理由は何一つ無いどころか、言いたいことがたくさんあった私は
その場で了解を出して、とあるワックスメーカーの担当者と話すことになりました。

 

 

安くて、雪温・雪質を気にしない、

誰でも使えるワックスは開発出来ないか?

 

 

私自身も経験したことであり、生徒さんの多くが悩んでいる
ワックシングの問題点は大きく3つあります。

1.ワックスや小物の価格が高い。

 

通常のホットワックスを施す場合、1箱買うだけでも数千円の費用が掛かりますし、
数種類のワックスを組み合わせる必要があるので、
ワックスを揃えるだけでかなりの金額が掛かってしまいます。

 

その他にもワックスを塗るためのアイロン、スクレイパー、ブラシなど
様々な小物を必要があります。

 

ブラシで言えば、高いもので1つ15,000円程度するものもありますので、
道具を揃えるだけでもかなり高いハードルが必要になってしまいます。

 

※そもそも、一般スキーヤーには不要だと考えています。

2.適切な雪温・雪質に合ったワックスを選ばなくてはいけない。

 

 

ワックスには様々な種類があり、
雪上の状況に合わせて適切なワックスを選ばなくてはいけません。

 

真冬の雪と春の雪では雪質が全く違うように、使うワックスも変わってくるということです。

 

適切なワックスを選ぶためには、ある程度の知識・経験が必要となってしまいます。

3.非常に手間が掛かる。

 

ホットワックスを施すのであれば、どうしても専用の場所が必要となってしまいます。
スクレーピングによるゴミも出ますし、換気のことも考えなくてはいけません。

 

また、しっかりとワックスを浸透させるためは
塗ってから時間を置く必要もあるので時間と労力の両方が掛かってしまいます。

 

一般スキーヤーが求めているのはワックスの知識やノウハウではなく、
「ただ単に良く滑るスキーが欲しい」という一点に尽きるはずです。

 

 

これらの問題点を踏まえ、私はワックスメーカーの担当者さんに
「安くて、雪温・雪質を気にしなく、簡単に出来るワックスは開発出来ないか?」と要望を出しました。

 

 

この要望を聞いた担当者の方は
「じゃあ、小川君。提供するからテストして貰ってもいいか?」と快諾してくれました。

 

 

・…小川君、頼むから売ってくれ!

 

その後、メーカーが提供してくれたサンプルは要望通りのデキ
簡単な使用方法で、-10℃近い状況でも、春のグサグサ雪でも問題なく滑るワックスでした。

 

 

試作品の段階で、納得出来る品質に仕上げられていたのですが
私の個人的な感想だけでは不安だったこともあり、

 

マスターズで競技をやっている友人の板にも塗ってあげたところ…
「すんごく滑る!!…小川君、頼むから売ってくれ!」と言われる始末でした。

 

 

この一件で、改めて開発してもらったワックスに自信を持ち、商品化してもらいました。

 

 

商品化してからは、私の生徒さんにお勧めさせていただき
今のところ、100%の方が「とても良く滑る!」と評価してもらっています。

 

 

DOMINATOR HYPER ZOOM PASTEが選ばれる3つの理由

 

その1:安い

 

1回あたり約102円で快適な滑走!

 

前述の通り、スキーヤーにとってワックスや小物の価格が高いことが悩みのタネでした。

 

DOMINATOR HYPER ZOOM PASTEは、
フィニッシュクロスと合わせて約4,000円という価格で使用することが出来ます。

 

60g入りとなっており、年間滑走日数が20日程度の場合
1日1回の使用で2シーズンは使用することができ、
1日あたり100円程度と非常に安価で使用することができます。

その2:雪質・雪温を気にしない

 

日本の雪質に合わせた専用の配合

 

ドミネーター・ワックスは1990年代前半、当時のUS スキーチームが指定選手のみが使う
競技専用ワックスを開発する事になったのがきっかけです。

 

開発責任者はフッ素工学の権威であり、
フッ素配合ワックスの発明をしたタノス・カリダス博士です。

 

 

ハッキリと言ってしまえば、世界のスキー場と比較すると日本は湿雪なので
ワックスを選定する時は、日本の雪質に合ったものを選ばなくてはいけません。

 

博士は度々日本に来日していることもあって、
彼の頭の中には、日本の雪質に関するデータが全てインプットされています。

 

そんな中で開発されたDOMINATOR HYPER ZOOM PASTEは
日本でスキーをする上でどうしても必要となってくるフッ素が配合され
それでいて非常に使い勝手が良い商品です。

その3:手間要らず

 

3ステップ、5分で完了する手軽さが人気!

 

 

DOMINATOR(ドミネーター) HYPER ZOOM PASTEの使い方は
非常に簡単な3ステップです。

1.ペースト状のワックスを付属のスポンジで薄く塗ります。

 

2.乾燥した(2〜3分)後、ブラッシングすることでより効果を発揮します。

 

3.フィニッシュクロスで滑走面を拭き上げます。

 

ドミネーターワックス

 

私の生徒さんである80歳の女性でも簡単に使用しているので
いかに簡単に使えるか?ということがわかってもらえるでしょう。

 

DOMINATOR HYPER ZOOM PASTEの弱点

 

「安くて、雪質・雪温を選ばず、簡単に使える」というスキーヤーにとっては夢のような商品に思える
DOMINATOR(ドミネーター) HYPER ZOOM PASTEですが、実は1つ大きな弱点があります。

 

 

それは、ホットワックスとは違って「浸透しない」という点です。

 

 

ワックスをスキー板に浸透させて、スキー板自体を仕上げるのではなく
滑走面の表面上を塗装するようなものなので
滑走中に剥がれてしまい、1日も滑れば効果は無くなってしまいます。

 

とは言え、ワックス自体が非常に小さく簡単に携帯出来るので
スキーをする前に塗ってしまえば良いだけです。

 

 

また、ホットワックスとの相性は非常に良いので相乗効果で「より滑る」を実感することが出来ます。

 

 

日本でスキーをするスキーヤーに持っていただきたい
DOMINATOR(ドミネーター) HYPER ZOOM PASTE、ぜひ一度、お試しください。

 

 

ドミネーターワックス

 

ハイパーズームペースト(Amazon)

 

フィニッシュクロス2枚入り(Amazon)

 

フィニッシュクロス1枚入り(Amazon)

 

 

※ハイパーズームペーストはフィニッシュクロスと合わせてお使いください。

 

 

フィニッシュクロスが必要な理由

 

フィニッシュクロスは静電気発生防止用の特殊な素材で作られているため
通常のタオルなどで代用することはできません。

 

静電気が発生することで滑走面と雪面に抵抗が発生してしまい
滑走性を著しく低下させてしまいます。

 

 

ハイパーズームペーストを乾燥させた後、
フィニッシュクロスで磨くことにより滑走面を「滑る」滑走面に仕上げることができます。

 

※ワックス1つとクロス1枚を1セットで使用するのがお勧めです。

 

スキーが楽しくなる特典を用意しました!

 

商品のみでも十二分に元が取れるワックスではありますが、
このサイトからご購入いただいた方限定でささやかではありますが、
スキーが楽しくなる特典を用意させていただきました。

 

 

特典1:ワックスに関する豆知識 ※音声ファイル(44分37秒)

 

私はプロスキーインストラクターとして活動しており
その一環でインターネット上でもスキー上達のための情報を発信しております。

 

その時に作成した「ワックスに関する豆知識」の音声ファイルをお渡しします。

 

※mp3形式で、データファイルのお渡しとなります。
※ご購入者様限定であり、他では手に入れることができません。

内容の一部

 

【001】一般プレイヤーにとってのワックスの重要性とは?
【002】ワックスを塗る技術とテクニック
【003】日本の気象は異常だ
【004】ワックスの第六感と妥協点
【005】スキー上達のための大切な考え方とワックスの関係性
【006】インストラクターの中で、滑る人・滑らない人
【007】滑らない板に乗らないと満足できない自分
【008】「これいい!すんげー滑る!!」
【009】テクニックと滑る板
【010】ワックスにおける自分で出来る限界
【011】ブラシ1つ1万5千円の世界。
【012】「小川さん、俺と契約しませんか?」
【013】一般家庭で子供にスキー競技者になってもらいたい人は
【014】お金を掛ければ良いというものでもない
【015】スキーが滑れば、技術も簡単になる
【016】こんな商品、開発できませんか?

【017】ワックスにおけるフッ素と今後の話
【018】ワックスに関する試行錯誤
【019】どうやっても、小川さんの板より滑るようにしてやる!
【020】小川君、頼むから売ってくれ。
【021】ワックスメーカー&テスターにも胡座をかいている人がいる
【022】あまりにも滑って体がついていかない
【023】何でもかんでも小難しくやってたらダメでしょ。
【024】ワックスはなぜ滑るか?
【025】スキーは道具で左右されるスポーツでもある。

 

特典2:ワックスを使うことで上達する理由 ※音声ファイル(24分37秒)

 

こちらも、同様の音声ファイルとなっております。
かなり楽しめると思いますので、スキーに向かう道中でもお酒のお供にでもしてください!

 

内容の一部

 

【026】なぜスキーは滑るのか?
【027】板と摩擦と水滴の関係
【028】ストラクチャーの役目
【029】スキーの進化論〜昔はあった縦溝〜
【030】スキーの快感度が上がるためには?
【031】道具で体型のハンディキャップをクリアする
【032】スキーは道具で左右されるスポーツ
【033】日本で力を入れているスキーメーカー
【034】日本製の板を履いて世界舞台で優勝した唯一の選手
【035】スキー板の作り方と板の材質の変化
【036】身体の動きとスキー板の関係
【037】スキー板の形状〜アーチベンドとロッカータイプ〜
【038】道具で技術を変えようとする結果、ルールが変わる
【039】ルールが変わっていく理由(R形状、長さ制限)
【040】ワックスの制限について
【041】近いうちに禁止になると思われるワックス

【042】ホットワックスを使う時の注意点
【043】ブーツによって変わる操作感
【044】一般のスキーヤーがワックスについて考えるべきレベル
【045】滑らない板で滑ることほど嫌なものはない
【046】できますよ!
【047】スキーが滑ることは出来ないことが出来るようになるぐらい大事。
【048】上手くなりたいという気持ちがあるのであれば…

 

 

特典3:シークレット特典

 

スキー上達のためのヒントとなる情報をお伝えします。
詳細はご購入者様にのみお伝えいたします。

 

 

 

特典請求方法

 

1.OGAWA SPORSより商品をご購入ください。

 

OGAWA SPORTS

 

 

※ハイパーズムペーストに限らず、ショップ内の商品が対象です。

 

※OGAWA SPORTS以外の店舗でのご購入の場合は
 特典対象となりませんので、ご注意ください。

 

 

2.amazon注文番号をご確認ください。

 

OGAWA SPORTS

 

3.特典申請フォームよりご申請ください。

 

OGAWA SPORTS

 

特典申請フォームはコチラ!

 

 

 

Q&A

 

Q.私でも使えるかどうか不安です。

 

A.80歳女性の生徒さんでも楽々使えているので、
 身体が動くのであれば、問題なく使えると思います。

 

 上の方でも説明している通り、簡単な3ステップのみなのでご安心ください。

 

 

Q.他にお勧めのワックスはありますか?

 

A.資料をご確認ください。

 

 ハイパーズームペーストに限らず、
 ドミネーターのワックスを全て解説しております。

 

 ドミネーターの歴史から、私との出会い、
 各ワックスの解説、どういう順番で使うべきか?

 

 などなど、詳しく解説しておりますので是非チェックしてみて下さい。

 

 

ドミネーターワックス

 

 

 

Q.特典の音声だけ欲しいのですが…

 

A.申し訳ありませんが、音声はご購入者様のみにお渡しさせていただきます。

 

 実際にHYPER ZOOM PASTEをご使用した方にしか
 わからない話もあるため、このような形とさせていただきました。

 

 

音声でより詳しく解説しています。

 

ハイパーズームペーストをお勧めさせていただいておりますが
他の滑走ワックスもございます。

 

 

資料の中で音声で各ワックスについて
詳しく解説しております。

 

 

1.ドミネーターの歴史と小川俊明との出会い(12 分 31 秒)

 

2.【BOOSTER シリーズ】(24 分 11 秒)

 

3.【ZOOM シリーズ+Renew】(12 分 26 秒)

 

4.【MOMENTIUM シリーズ+OVERLAYS】(10 分 29 秒)

 

5.【ドミネーターオリジナルブラシ】(11 分 38 秒)

 

6.これから WAX を使う方へのおすすめ(10 分 47 秒)

 

 

購入する、しないに関わらず、ワックスを使おうと思う方であれば
参考になる情報も多いと思いますので是非チェックしてみてください。

 

 

ドミネーターワックス

 

 

 

最後に小川俊明が伝えたいこと。

 

 

このページを最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。
…正直なところ、このページを公開するまでにはかなりの葛藤がありました。

 

というのも、私自身はスキーを教えるプロであり、ワックスの専門家ではないからです。
もちろん自分なりに試行錯誤は続けていますし、今もなお、滑るスキーの研究は怠っていません。

 

 

ワックスの世界は非常に奥深いものがあり、
単純に「これだけ使っておけばいいですよ。」と言う責任の重さを感じてしまいます。

 

 

そんな私の考えを変えてくれたのは私からスキーを教わってくれている生徒さんの存在です。

 

 

実際にHYPER ZOOM PASTEを塗ってレッスンをしている中で
「先生!スキー滑る〜♪」と楽しみながらスキーをしている姿を見ると
やはり、紹介しないわけにはいかないだろう!と決心することができました。

 

 

一般スキーヤーが求めているのは、難しい能書きではなく
「安くて、雪質・雪温を気にせず、使いやすいワックス」であることは間違いありません。

 

 

その理想をほぼ100%の場面で叶えることが出来るワックスを開発してもらったのに、
広く公開しないというのは、逆に罪深いことであると思うようになりました。

 

◇どんなワックスを使っていいかわからない。

 

◇難しく考えないで使えるワックスを使いたい。

 

◇とにかく滑るスキーで滑りたい。

 

上記のような悩みを持っているスキーヤーには
是非使っていただきたい!と自信を持ってお勧めさせていただきます。

 

 

スキーをガッツリ楽しんで、どんどん上達させていきましょう!

 

 

小川俊明

 

 

 

ドミネーターワックス

 

ハイパーズームペースト(Amazon)

 

フィニッシュクロス2枚入り(Amazon)

 

フィニッシュクロス1枚入り(Amazon)

 

 

※ハイパーズームペーストはフィニッシュクロスと合わせてお使いください。

お勧めのスキーワックス

ハイパーズームペースト


このページの先頭へ戻る